初心者でも育てやすい観葉植物 観葉植物 風水の関係

育てやすい観葉植物カポック 枯れにくいので風水的にもgood!

更新日:



私が室内で育てている観葉植物の中で、お気に入りなのは、「カポック」です。

以前より観葉植物が好きで、パキラやドラセナ、サンセべリアにテーブルやしにモンステラなど、いろいろと育ててきました。

これらは乾燥に強く、さほどこまめにお水をあげなくてもよい観葉植物ですが
私はずぼらなため、結構枯らしてしまうことも多かったのです。

その観葉植物の中で、育てやすいなと感じたのが 「カポック」です。

育てやすいと言われる観葉植物を一通り枯らしてきた私が、唯一枯らしたことが無いのがこのカポックです。

e644c9093a3ff2c78388dd946deba97e_s

カポックは、斑入りのものやそうでないものなどいろいろあるようですが、私は普通の緑の物のほうが育てやすく感じました。

最近ではカポックではなく、別名の「シェフラ」と表記されることも多いようですね。

acfb6d5e069d9941d04025be3f2d79a2_s

カポックの葉は、手の平のような葉が繊細な感じで、とても可愛いらしいです。

カポックは風水で、「理解力を促進する」という意味があります。人間関係や交友関係で悩んでいる人は、カポックからパワーをもらう効果が期待できるのではと思います。

風水では観葉植物がよい気を作ってくれると言われていますが、枯れた観葉植物をそのまま置いておくのはよくありません。



その点カポックはとても育てやすいので、風水的にも安心です。

また、耐陰性もあるので、置き場は家の中の直射日光が当たらない場所でも、元気でいてくれます。

カポックは種類が多く、12mを超す程大きく成長するものから、低木のものまであります。

育て方は簡単で、日当たりの良い場所に置いて、植えてある鉢の土の表面が乾いたら水をやります。

春から秋はたっぷりと、冬はそんなにたっぷりやる必要はありません。

下皿に水が溜まらない程度です。

私は少し葉っぱがくたっとしてきたかな?と感じたら水やりをするようにしています。

水やりをした後は葉っぱがみずみずしく感じられ、なんだか癒されます。

fe522dfab3a16e4ee6f680b19e0a93a5_s

肥料は春から秋の間、2カ月に1回の目安で緩効性のものをやります。

カポックは暑さには強いですが、寒さにはやや弱いので、0℃以上ある環境に置いて下さい。

弱いといっても、本州では屋外でも育てられますし、日陰でも十分育ちます。

カポックは元々、あらゆる環境に順応する丈夫な植物なのです。

ただ、霜には当てない方が良いと言われているので、鉢植えにして冬は玄関の中にいれた方が良いでしょう。

植え替えも2年に1回程度でOKです。

なるべく日当たりの良い場所に置けば特に手をかけなくても育ちます。

a0002_005510

カポックは花が咲かせることもありますよ。葉っぱだけでなく、花も楽しめるのはうれしいですね。

手がかからない、可愛いカポックを育ててみてはいかがでしょうか。

ad

ad

-初心者でも育てやすい観葉植物, 観葉植物 風水の関係
-, , , , ,

Copyright© ガーデニング・観葉植物特集 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.