ガーデニング 夏におすすめ ガーデニング 春におすすめ

ラベンダーの香りに魅せられて 育て方と剪定

更新日:

ハーブに興味を持ち、ラベンダーの香りに魅せられてしまいました。

 

裏庭に植えられていた1本のラベンダーの木から挿し木を始めてみました。
花が咲く少し前のかたいつぼみの頃に、若くて柔らかい枝を切り、しばらく切り口を水に浸しておきます。
半日後、挿し木用に準備したポット(挿し木専用の土)に割り箸で穴をあけ、水に浸したラベンダーの枝をそっと置き、やさしく土をかぶせ、水もやさしくかけます。
半日陰に置いて、水を切らさないように与えます。
とにかく気長に待つだけです。
私はしっかりと根が付くまで植え替えはしません。
5年前に2本挿し木をし、昨年は5年前に挿し木をしたものをまた挿し木にしました。はじめのラベンダーからみれば、孫です。
そのように絶やさないように増やしていくことも大事だと思います。
昨年、最初のラベンダーの木が枯れてしまいました。挿し木をして増やしておいてよかったと思います。

子供のラベンダーが成長し、大人になり、初夏には紫の花を咲かせることでしょう。
花を咲かせる前に剪定し、少し刈って、束ねて干し、ドライにします。これもラベンダーの楽しみです。
ただし、日本ではちょうど梅雨時にかかるので、刈る時と乾燥させることに注意が必要になります。

昨年挿し木で植えたラベンダーがいつか成長し、ひ孫ラベンダーを挿し木で作れる日がくるのを楽しみにしています。

ad

ad

-ガーデニング 夏におすすめ, ガーデニング 春におすすめ
-,

Copyright© ガーデニング・観葉植物特集 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.